loading

平成-令和の百文様

百文様プロジェクトは現在45枚目の
板木を彫っています(2022年6月)

新しい光が巡り巡って古きに光を与える

私たちは、何を守り、何を創造したのか。

創業1624年(寛永元年)より日本唯一続く最後の唐紙屋「唐長」の歴史と文化を継承する私たち雲母唐長は、先祖代々守り伝えた600枚を超える板木に、新たな100の板木を加えることを創起しました。
「平成の百文様」と称し、平成最後の年、今を生きる私たちの祈りや願いの物語がこめられた100の文様を創出し、凡そ400年という長い時を経て育まれ伝承されてきた文様とともに、平成から令和の時代を経て100年後の未来にも文化を伝えようという試みです。
唐長文様に加え、下記の方々とのコラボレーション文様、一般公募文様の3つのカテゴリーから百文様を選定しました。
多様性と変化を受け入れて私たちのフィルターを通すことが、唐長の新しい伝統の力となると考えました。
平成の百文様プロジェクトは、唐紙文化の普及を通じて、日本文化の普及にも努め、伝統と継承、循環と再生の歴史を創造し続け、100年後の京都に意味のある持続可能 (サステナビリティ)な文化プロジェクトとすることを意図しています。
現在、平成の百文様プロジェクトは、令和という時代を迎え、二つの元号を持つ「平成-令和の百文様プロジェクト」に進化しました。

平成-令和の百文様

平成-令和の百文様 開板した板木44枚 (一部制作中有り)

  • かまぼこ紋
  • すくい織
  • つばめ立湧
  • KITSUNE
  • 音符松
  • ヴァイオリンつなぎ
  • 生命の樹
  • TAKEBAYASHI
  • CHATSUMI
  • 鋸壁文付十字(日向)
  • 鋸壁文付十字(影)
  • 女神の水差
  • カミサマト エガキナオソウ、08.06 08.09。
  • スクイタイ キズダラケノ ラクエン
  • 光の雨
  • FOREST
  • 日月譚
  • 古今都熊
  • こうふくりんご其の一
  • こうふくりんご其の二
  • HAMANASU
  • BIRTH OF THE WORLD
百文様紋の板木

みなさまのご協力のおかげで、現在45枚目の板木を彫っています。
一枚一枚、文様の新たな歴史がはじまってゆく瞬間に立ち会える喜びを
毎回感じています。(2022年6月現在)

200年ほど前の唐紙を復元したある日、ふと気づきました。

2010年から養源院の重要文化財である俵屋宗達「松図」の修復を二年半がかりで手がける機会を得ました。
この修復は、生涯語りつぐ誉れなる唐紙となった訳ですが、その時に「ぼくが手がけたのだが、ぼくが手がけたのではない」という気持ちになりました。なぜならば、その修復は200年前に先祖が遺してくれたおかげで今があるからです。200年続く板木は、200年前に板木を彫った人、そしてその板木を200年もの間、戦火や天災をこえ、文字通り命がけで守り伝えた人がいたからこそ、平成から令和へと続く今も存在し続けています。ぼくは今、バトンランナーの順番として、たまたま手を添えているという気持ちを強く感じました。
この修復をきっかけとして、伝統を継承するということに対して、長い時間軸で物事をとらえらるようになりました。
残念ながら、唐紙の衰退とともに板木を彫る彫師は途絶えてしまい、昭和以降、現実的に彫ることが難しくなり、また文様の図案を考案する人もいないということもあり、唐長では数十年もの間、新しい板木を起こすことに積極的に取り組むことがなくなりました。
一方では、600枚を超える先祖代々の板木を守ることに注視したこと故でもあり、目先の問題として必要性がなかったとも言えます。過去を守ることも大切な責務ではあれど、あの修復以来、伝統とは、単に過去を継承することではないのでは、と考え続けていました。このままでは、ぼくたちや次の世代は困らないかもしれないが、今の板木も損傷や劣化がすすむと、いつか唐長は困るのではないかと思いました。今、ぼくたちは日々、これは100年前の板木です、これは200年前の板木です、とお客さんと向き合い、日々唐紙をつくり続けていますが、もしも平成の時代にぼくたちが何もしなければ、100年後、200年後の人たちが、これは平成の時代の板木ですと会話をすることすらできない訳です。
未来の時計の針を止めている、と、ぼくは気づきました。

何かがつづくということは、つづける人がいるということです。

ぼくたちは唐長の伝統を継承するにあたり、唐紙が、この先も100年、200年と伝わり人々の心の安らぎや幸せにつながり、見守ってくれることを心から願い、そして世界平和であることを
祈り続けるためにも、一念発起し、平成の百文様というプロジェクトを創起しました。
ひとつひとつは小さな力でも、それらはやがて大きな歴史を担うひとつの点となります。
ぼくたちのこのひとつの思いが、大きな歴史へと繋がるよう、みなさまにお力添えいただきたいと思います。
この唐紙文化の継承と、未来へ宝(志)を伝える活動に賛同し、ご支援くださる企業や個人のみなさまを募集いたします。
ご協力、よろしくお願い申し上げます。

(主宰:雲母唐長トトアキヒコ)

未来に伝える板木について

協賛金のお願い

目的

未来へと遺す板木の調達及び制作費として活用させていただきます

協賛金額

一口 10,000円(何口でも可能です)

お振込先

  • みずほ銀行 京都中央支店
    普通: 2427703
    口座名義: 株式会社雲母唐長(キラカラチョウ)
  • 三井住友銀行 円町支店
    普通: 7516632
    口座名義: 株式会社雲母唐長(キラカラチョウ)
雲母唐長四条店へご持参いただいても受付させていただきます。

お問い合わせ

協賛金窓口: 〒600-8411京都市下京区水銀屋町620 ココン烏丸1階 雲母唐長四条店
TEL: 075-353-5885 (火曜定休)
メール: info@kirakaracho.jp

お名前の掲載

ご支援いただいた方には、ホームページやお披露目の際に貴社名、お名前を掲載させていただきます。
※ご希望の方のみ

貴社名、お名前の記載を希望される場合について
下記のフォームより必要事項をご記入の上、ご連絡ください。

協賛金ご連絡フォーム

注)ご記入いただいた個人情報は、厳重に管理しこれ以外の目的では使用いたしません。確認画面へ
お振込名義必須
ご協賛掲載氏名必須
フリガナ必須
郵便番号必須 -
住所必須
電話番号必須 - -
メールアドレス必須