Ki no Tea

平成-令和の百文様(開板/平成三十年弥生)

豊穣、収穫、安寧、邪気祓い

京都蒸溜所(季の美)とのコラボレーション文様。
「IWSC(インターナショナルワイン&スピリッツコンペティション)」で最高賞を受賞するなど、世界的評価を得ている京都クラフトジン「季の美」は、雲母唐長が文様監修しています。この文様は、季の美シリーズの「季のTEA」のボトルデザインとして用いられており、平成の百文様として1番目に彫られた板木です。茶葉とジンの主成分となるジュニパーベリー、柚をモチーフに丸紋にした文様は、やすらぎと実りを得、邪気を払う力をこめ、世界がより良く丸く納まることを願いました。

文様説明/唐紙師トトアキヒコ

文様の意味や物語について、より詳細な内容は書籍をご覧ください。
著書のご紹介

平成-令和の百文様