《 雲母唐長 》は、寛永元年(1624)に京都で創業した約400年続く日本唯一の唐紙屋を継承。

唐紙(からかみ)とは、和紙に木版手摺によってうつしとられる美しい装飾紙をさし、平安時代に文字を書くための詠草料紙(えいそうりょうし)として用いられたことが起源とされます。鎌倉、室町時代の頃からは建築様式の変化に伴い、衝立や屏風、 やがて、襖や壁紙などの室内装飾に用いられ、江戸時代には花開き、神社仏閣のみならず、武家や公家、町人や茶人などに幅広く愛でられた文化となりました。

いにしえの唐紙は、時を超えて存在し、雲母摺と文字が相まった陰影の美しさは特筆すべきものがあり、美しい唐紙は、人間の大切な思いや願いを言葉と共に運びました。文様により運ばれた言葉は、誰かが誰かに宛てたものだけに留まらず、雲母引きや雲母摺などの唐紙に書き記された「古今和歌集」や「三十六歌仙」は、王朝芸術の名宝として1000年の時をこえて、今なお私たちの目の前に煌めく日本の美として存在しています。
また、江戸時代初期、王朝文化の復興を目指し出版された「嵯峨本」は、本阿弥光悦、角倉素庵らの一派が、京都の嵯峨の地を舞台に刊行された書物で、「光悦本」、「角倉本」とも呼ばれています。私どもの初代がこの「嵯峨本」に携わったと伝えられており、唐紙に書が相まった陰影の美しさは美術的にも工芸的にも特筆すべきものがあります。

《 雲母唐長 》には、木版(板木、はんぎと呼ぶ)が、先祖代々大切に受け継がれており、その数は600枚以上にも及びます。天明8年(1788)の大火で大半の板木を焼失しますが、その後も唐紙屋を続け板木を再版してきました。この大火直後に彫られた貴重な板木も現存しており、裏書きが確認できるものは、寛政三年十一月(1791)とあります。先祖代々伝わる古文書によると、天保10年(1839)頃、京都に存在した唐紙屋は13軒、その多くは元治元年(1864)の蛤御門の変の「鉄砲焼け」で板木を焼失しましたが、唐長は戦乱の火災から奇跡的に板木を守り抜いたのです。数々の戦乱、天災など苦難を経て明治時代以後、文明開化など人々の暮らしの変化に伴い唐長以外の唐紙屋は全て廃業。また江戸地域での唐紙屋も、関東大震災、東京下町大空襲などにより板木を焼失し途絶えることとなりました。昭和の中頃、唐長10代目の指導もあり、復興された東京の唐紙屋もあり、近年でも、幾つか唐紙と称したものを商いとして手がけるところが新しくできたようですが、近年に新しく興された話であり、歴史的背景として、江戸時代より途絶えることなく、板木を守り、使い続け、代々続けてきた唐紙屋は日本でただ1軒。《 雲母唐長 》は、江戸時代から続く日本最後の唐紙屋として、現在も唐紙の制作を続け、唐紙文化を伝えています。

江戸時代より代々受け継がれる唐紙の板木(はんぎ)
江戸時代より代々受け継がれる唐長の板木(はんぎ)

代々伝わる板木は、シルクロードを渡って伝えられたユーラシア大陸文化の世界的背景のあるものから日本独自に洗練されたものまで多岐に渡り、花鳥風月や幾何学文様などさまざまなものが六百枚以上あります。数百年、数千年にわたり、世界を駆け巡ってきた文様の世界観は、先人たちが守り伝えたおかげで江戸時代から手を加えられることなく素直に板木に息づいています。
板木は、十二枚張りと呼ばれる襖1枚のおよそ1/12の寸法のものが多数を占めており、その他に十板張りや、五枚張りなどがあります。十二枚張りのほとんどが江戸時代のもので、板木の大きさは縦が約九寸五分、横が一尺五寸五分の寸法となっています。 天明8年(1788年)の大火で大半の板木を焼失しましたが、その後も、薬問屋などを営みながらも唐紙屋を続け、板木を再版しました。この大火直後に彫られた貴重な板木も現存しており、裏書きが確認できる古いものは、寛政三年十一月、と墨書きがあります。 十枚張りは、明治・大正期のものが多く、縦約一尺一寸五分、横一尺五寸五分。五枚張りは、十枚張り判の横幅を二倍にした寸法で、横三尺一寸となります。この時代の頃から技術的に襖紙用に大きな和紙を漉けるようになったことから、唐長ではこの大きな和紙に対応できるように技法と板木を工夫してきました。これらの板木は、ほとんどは朴の木に彫られています。
このように歴史をくぐり抜け先祖代々守ってきた板木から、写しとられて美しい唐長の唐紙が生まれます。唐紙の普及とともに唐長文様の複写や類似品がシルク印刷やデジタル印刷、もしくは、類似の木版等により市場にでていますが、先祖代々伝えた板木は、私たちの宝として、代々守り伝えています。また、唐長では、独立や暖簾分けなどはしておらず、見本帳やカタログ、卸販売などはしておりません。 唐長の唐紙の特異性は、幾多の歴史をくぐり抜けてきた板木に宿る力とその代々受け継がれた精神性にあり、安易にコピーが氾濫する時代の中、表向きに上辺だけをコピーできたとしても、400年の時間と歴史、そこに潜む精神性は、決してコピーされることはないと、挟持を持って取り組んでいます。
八代目までは、代々、唐紙屋長右衛門の名を襲名してきましたが、九代目以降は襲名はせずに家業を続けました。以後、唐長では襲名は行われておらず、商いの屋号は時代ごとに変遷しています。九代目は千田廣次商店、十代目は千田紙芸、そして十一代目は唐長を名乗り、次代では雲母唐長を屋号とし、唐長の唐紙を手がけ続けています。

《 雲母唐長 》は、唐紙師トトアキヒコと創業家の千田愛子が京都・嵯峨の地にて唐長を受け継ぎ、伝統的な襖や壁紙をはじめ、神社仏閣などの文化財修復から唐紙アート作品まで、多種多様な唐紙の美を広く世界に伝えています。
同時に、和紙以外の異素材や他者とコラボレーションしたプロダクトを発表するなど、文様と色の美を通じて人々の暮らしを豊かにしたいとの思いをこめたモノづくりをしています。
その活動分野は多岐に渡り、ファブリックや革など生地の開発や、文様ステンドガラス、文様タイル、家具や照明器具などインテリア全般のコーディネート、そしてファッションやジュエリー、食器や器、食の業界ともコラボレーションを行うなど、ライフスタイルブランドとして進化を続けています。

また、《 雲母唐長 》は、長い唐紙の歴史において初めて美術(アート)として作品を発表し、伝統的な唐紙に新しい道を切り拓きました。
2018年7月には、百年後の京都に宝(心)を遺す文化プロジェクトを提唱し、「平成の百文様プロジェクト」(現在は、「平成-令和の百文様プロジェクト」)を発表。江戸時代より先祖代々受け継ぐ600枚以上もの板木に、新たに加える100枚を創出し、唐長の新しい歴史と唐紙文化の未来を担っています。

このように《 雲母唐長 》では、伝統とは、単に過去を受け継ぐだけではなく、現代の暮らしと向き合い、未来に継承してこそ、本当の継承であると考え、唐紙文化の普及を通じて、伝統と継承、循環と再生の歴史を創造し、持続可能(サスティナビリティ)な日本文化の継承を志しています。

雲母唐長は、古き良き伝統の世界、今の世の新しき美の世界、異なるものとの融合する世界

古、今、異

3つの世界観を持つブランドです。

1つは、代々続いてきた唐長の唐紙とその文化を継承し、唐紙をつくり、伝えること
1つは、今の世に愛される唐紙をつくり伝えること、そして現代の美術(アート)として唐紙を伝えること
1つは、代々伝わる唐長文様と色の世界観を通じて、人々のしあわせを願うプロダクトの制作

私たちは、唐紙を通じて人々の幸せを願いつつ、この連綿とつづいてきた唐長の文化と精神性を世界と次世代に継承したいと思います。

今異

雲母唐長は、寛永元年(1624)に京都で創業した約400年続く日本唯一の唐紙屋を継承。
代々受け継がれた板木にひとつひとつ手仕事で和紙に文様を写し取り、襖紙や壁紙として桂離宮、二条城、養源院などの歴史的建造物や、今を彩る現代の人々の暮らしにおいても唐長の唐紙は用いられています。その文様と色合いの持つ世界観と美意識は、日本が世界に誇るべき宝とも言えるでしょう。

The history of the 400 years

唐紙の芸術性を追求し、点描とたらし込みを融合させ自らの指で染めていくトトアキヒコ独自の技法「しふく(Shifuku)刷り」や「風祈」と呼ばれる技法から生まれるアート作品は、美術館(MIHO MUSEUM)にも収蔵、展示される他、神社仏閣、公共・商業施設、個人邸宅など、さまざまな場に納められています。 名刹養源院に奉納されたアート作品「星に願いを」は、俵屋宗達の重要文化財「唐獅子図」と並んでいます。同寺にある俵屋宗達の重要文化財「松図」の唐紙修復も手がけており、伝統の継承を行いつつ、現代アートなる唐紙の世界を築いています。

Read more

古今

私たちは、今を生きる唐紙の文化と文様と色の世界を通じて人々の暮らしを豊かにしたいと願います。

「art de vivre」(アール・ド・ヴィーブル)
「日常生活に、自分の好きなものや自分の好きなことを取り入れて生活していくこと、人それぞれアートのある暮らしを通じて自分の美意識をもって生きるということ」をコンセプトにさまざまなライフスタイルコラボレーションを試みています。

唐長文様を用いた商品開発、ノベルティ、コラボレーションのご相談は、雲母唐長にてお請けしています。
唐長文様の異素材商品は、KIRA KARACHOブランドとして発表しています。

商品開発、ノベルティ、コラボレーションのお問い合わせ

  • 京都蒸溜所

    2016年秋〜、京都初の蒸溜所によるスーパープレミアムクラフトジン『季の美』を発表。
    ボトルには、雲母唐長(KIRA KARACHO)が文様監修したデザインを用いています。商品名「季の美」は、トトアキヒコが命名しました。
    詳細はこちら

  • ラデュレ

    2018年冬、フランスのメゾン・ラデュレとコラボレーションし、世界で6点限定のラグジュアリーなトレジャーボックスを発表。その最初の1点となる唐紙のトレジャーボックスは、パリの本店ラデュレ・ロワイヤル店にて特別にディスプレイされました。
    詳細はこちら

  • NORITAKE

    2015年春〜、和の美意識・精神・まごころを根底に持つ洋食器のノリタケと共に、テーブルウェアを発表。 ご購入と詳細はこちら

コラボレーション一覧を見る