Omoi no Take Meguru Tsuki

平成-令和の百文様(開板/平成三十一年如月)

縁繋ぎ、繁栄、変化

50周年記念を迎えたリーガロイヤルホテル京都とのコラボレーション文様。
ホテルの外壁タイルのデザインを竹に見立てて表現し、繰り返す月の満ち欠けを節の中に組み合わせたものです。これからも訪れたお客さまとの縁がつながり繁栄してゆくこと、時代に応じて変化し、成長してゆくという意思と願いが込められている文様。

文様説明/唐紙師トトアキヒコ

文様の意味や物語について、より詳細な内容は書籍をご覧ください。
著書のご紹介

想いの竹巡る月

平成-令和の百文様