Korin edaume

希望、徳、報せ、不屈

梅は、春寒の中に咲く百花のさきがけであり、希望を表す文様。梅には、神託を授かる依り代の意味があり、四君子では徳を表す。一見、抽象画の如く宇宙の広がりゆく様にも見えるこの文様は、襖や壁紙によく似合い空間をつくってくれる。ぼくは作品の背景に地紋として描くものとしても好んで用いている。

文様説明/唐紙師トトアキヒコ

文様の意味や物語について、より詳細な内容は書籍をご覧ください。
著書のご紹介

平成-令和の百文様