Kacho tatewaku

運気上昇、家運向上

ゆらゆらと波状の曲線が向かい合いシンメトリーに繰り返される立涌文様は、水蒸気が昇る様を示したものであり、これは吉報を告げる鳥と花を組み合わせたもの。立涌文様は、運気や家運の上昇を表し、平安時代には、有職文様として装束や調度品に好まれ、雲や花や動物などと組み合わせた様々な立涌文様が生まれたが、これは正倉院文様として伝わるもの。

文様説明/唐紙師トトアキヒコ

文様の意味や物語について、より詳細な内容は書籍をご覧ください。
著書のご紹介

平成-令和の百文様