Goshichi no kiri

権威、名誉、格式の高い

権威と名誉の象徴を表します。桐は、 霊鳥とされる鳳凰が棲む木とされ、醴泉を飲み、竹の実を食すと言われ尊ばれました。鳳凰は、徳の高い君子が帝位につくと姿を表すとされたことから、桐は、格式の高い文様とされて、昔から好まれました。唐長には様々なアレンジの桐文様が数多く生まれてゆくが、これはベーシックなもの。

文様説明/唐紙師トトアキヒコ

文様の意味や物語について、より詳細な内容は書籍をご覧ください。
著書のご紹介

平成-令和の百文様