唐長十一代目千田堅吉

唐長(唐紙屋長右衛門)十一代。

1942年京都生まれ。京都工芸繊維大学卒業。
五年間の商社勤務を経て唐長で六年間修業したのち家業を継ぐ。
桂離宮、二条城などの修復にも従事。

2021年10月 長女千田愛子へと家業を継承した。

1994年 日本伝統文化振興賞受賞。
1999年 国選定保存技術者に認定される。
2012年 旭日双光章受章。

お名前必須
メール必須
電話番号必須 - -
詳細必須