その昔、燭台の灯りや月明かりのなか、ほのかに移ろう唐紙の美しさに育まれてきた日本人の美意識をランプに生かすにはどうすべきかを考え、また、和洋問わずに空間になじんで使えるモノを目指し考えた雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙ランプシェード。二次元的なものでありながら、余白と陰影により三次元的なひろがりと美しさを持つ唐紙を立体的に仕上げることにより、より奥行きのある唐紙の世界を楽しんでもらえると思います。

無地的な空間に絵画を飾るがごとく、アクセントにランプを空間にそえる…その空間はより三次元的な空間美を持つことでしょう。

ほのかにやさしい唐紙の明かりが灯ることにより、変わるのは空間ではなく、こころ。

ひとり思案に耽るとき、一杯の珈琲を嗜むとき、大好きな本を開くとき、はたまた大切な人との語らいに、唐紙はそっと温もりを添えてくれます。

暮らしを彩る…唐紙の陰影。雲母唐長では、各種ランプのオーダーを承ります。

ペンダント、スタンド、住宅用、アトリエや店舗、寺院、商業施設など、さまざまなところで人々の暮らしを照らしています。

雲母唐長(KIRA KARACHO)で制作する唐紙を用いたランプシェードは、シェードの直径や高さは好みに応じてご相談させていただいております。

オーダーお問い合わせ
フォーム

唐長の唐紙をオーダーをご希望の方は、アトリエ雲母唐長にてお打合せさせていただきます。
アトリエに来訪される日程の希望と現時点でオーダーに関する詳細(現時点でわかる範囲)を下記フォームに記載の上、送信願います。
内容確認次第、折り返しメールにてご連絡いたします。
からのメールを受信できるようご設定ください。
完全予約制。
アトリエにつき、制作都合のため、基本的に午後からの打ち合わせとなります。
14時~及び16時半~にてお願いしております。
火曜・日曜・祝日休(不定休あり)

お名前
電話番号
メール
からのメールが受信できない場合はご予約は確定できません。
来訪日程

日時と時間を記入してください。
火曜、日曜、祝日は定休日(不定休あり)

  • 第1希望
  • 第2希望
  • 第3希望
来訪者数
詳細