世界平和への祈りを捧げるブルーアート作品
唐紙師トトアキヒコが、1000年を超える唐紙の歴史の中に開拓した新たな領域が、アートです。
2008年、唐紙の歴史上はじめて唐紙をアート作品(美術)として発表して以来、前人未到の道を歩み続けています。点描とたらし込みを融合させ自らの指で染めていく独自の技法「しふく刷り」や「風祈」から生まれる深淵な青い唐紙作品は、八百万の神様や精霊と共に手がけた詩情が宿るスピリチュアルな「トトブルー」と愛され、青の芸術、青の作家とも呼ばれています。

文様を重ね、メッセージからポエジーへ

文様を重ね、メッセージからポエジーへ

トトアキヒコは、文様がもともと持っていた力を解き放ち、あらたなメッセージを生み出す試みにも取り組んでいます。

「例えば、流水は流水、星は星だし、龍は龍の文様として伝えてきたのが従来の唐紙ですが、ぼくの場合は、水面に星を写し、そこに龍を描いて 《星に願いを》という作品になります。渦の唐紙は、その規則性に変化を与え、エネルギーを象徴する渦をランダムに配してうねりを与え、その不揃いな絵の具の表情が特徴となります。意図しないことを意図する、無我の境地から生まれることを願った唐紙は、水の神さまと共に手がけたと考えて、 水の神様、ミズハノメから《ミズハ》と名付けました。抽象でも具象でもない文様を重ねて意味と意味を結んでゆき、物語を生み出すことによって、 唐紙にポエジー、詩情を与えたかった。心象風景を唐紙に写すことは、前人未到の試みとなりました」。

出典:トトアキヒコ・千田愛子『人生を彩る文様』
(講談社、2020年、17ページ)

instagram 唐紙師トトアキヒコ Instagram

唐紙師 トトアキヒコ

唐長の文化を継承する唐紙師。従来の唐長の唐紙を継承した襖や建具、壁紙、唐紙を用いたパネルやランプなど、現代の暮らしに合うさまざまな唐紙を制作している。唐紙をアートにした第一人者であり、唐紙の芸術性を追求し、点描とたらし込みを融合させ自らの指で染めていくトトアキヒコ独自の技法「しふく(Shifuku)刷り」や「風祈」から生まれる深淵な青い唐紙作品は、八百万の神様や精霊とともに手がけた詩情が宿るスピリチュアルな<トトブルー>と愛され、公共、商業施設、個人邸に納め続けている。

instagram 唐紙師トトアキヒコ Instagram

雲母唐長(KIRA KARACHO)唐紙師・トトアキヒコ