唐長は、創業1624年(寛永元年)江戸時代より日本唯一続いてきた唐紙屋です。唐長を継承する私たちは、この度、凡そ400年の歴史において、唐長が先祖代々守り伝えた板木に加え、新たに、今を生きる私たちの祈りや願いがこめられた文様を100枚創出し、100年後の未来に伝えようと、平成の百文様プロジェクトを発案、創起いたしました。

時代を生き抜いてきた板木にふれるたびに、今、目の前にある板木は、100 年前、200 年前に板木を彫った人、守り伝えた人、そして、唐紙を愛した人がいたからこそ、唐紙の伝統と文化は伝承することができたのだと、いつも感謝の念が絶えません。

伝統とは、常に「今」。
今の私たちが未来へと何ができるかを考え、この時代の空気や気配、面影を板木に託そうと思いました。

私たちの唐紙文化の継承と、未来へ宝(志)を伝える活動に賛同し、ご支援くださる企業や個人のみなさまを募集いたします。
どうぞ、宜しくお願いいたします。

趣旨

平成の百文様プロジェクトは、唐紙文化の普及を通じて、他の日本文化普及にも努め、伝統と継承、循環と再生の歴史を創造し続け、100年後の京都に意味のある持続可能 (サステナビリティ)な文化プロジェクトとすることを意図します。
そのプロジェクトに用いる板木の文様のデザイン監修やデータ、板木の調達及び制作費として活用させていただきます。板木は、2018年より2023年を目処に100枚を彫る予定です。

募集期間 / 金額

平成31年3月31日まで / 一口 10,000円

ご支援のお礼

ご支援いただいた方には、記念品を贈呈いたします。
※ご希望の方のみ、募集期間終了後に順次お送りいたします

また、ホームページやお披露目の際に貴社名、お名前を掲載させていただきます。
※ご希望の方のみ

記念品や貴社名、お名前の記載を希望される場合について

平成31年3月31日までに、こちらのフォームより必要事項をご記入の上、ご連絡ください。
ご連絡フォーム

お振込先

みずほ銀行 京都中央支店
普通: 2427703
口座名義: 株式会社雲母唐長(キラカラチョウ)
雲母唐長四条店へご持参いただいても受付させていただきます。

お問い合わせ

協賛金窓口: 〒600-8411京都市下京区水銀屋町620 ココン烏丸1階 雲母唐長四条店
TEL: 075-353-5885 (火曜定休)
メール: info@kirakaracho.jp